BitCometがインストールできない場合の対処法

こちらではWindows10向けに、BitCometのインストール用exeファイルが実行できない場合の対処法についてご紹介します。

1. パソコンを再起動する

パソコンを再起動することで、問題が解決され、BitCometが正しくインストールされるという場合もあります。

2. UACを無効にする

Windowsの機能であるUACが有効になっていることが原因である場合もあります。UACはUser Account Controlを表し、ユーザアカウント制御と訳されます。

コチラのページを参考に設定を変更するとexeファイルが実行できることもあります。

3. ファイアウォールを無効にする

Windows10ではWindows Defenderと呼ばれます。

コチラのページを参考に一時的に無効にしてみるとexeファイルを実行できる場合もあります。

※ 後でWindows Defenderを有効にします。

4. exeファイルをダウンロードし直す

Windows10には32bitのものと、64bitのものがあります。BitCometの公式サイトはそれぞれ対応したexeファイルをダウンロード時に自動で判定してくれます。

ダウンロードし直したOSに最適なexeファイルだと実行できる場合もあります。

BitCometの公式サイトからお試しください。

5. ウイルス感染がないか確認する

NortonやMcAfeeといったウイルス対策ソフトをインストール済みであれば、ウイルススキャンを実行してみるというのも一つ、対処法として挙げることが出来ます。

6. 常駐ソフトを無効にする

NortonやMcAfeeといったウイルス対策ソフトを一時無効化するとexeファイルが実行できるケースもあります。コチラのページを参考にお試しください。

※ 後でウイルス対策ソフトを有効に戻します。

7. システムチェックを行う

Windows10の機能を使ってシステムチェックを行います。こちらでエラーが出た場合、それが原因でexeファイルが実行できなくなっている、というおそれは充分にあります。

コチラのページを参考にお試しください。

8. Windows update適用前の状態に復元する

Windowsアップデートが原因でexeファイルを実行できなくなってしまうケースもあるようです。システムの復元というWindowsの機能を用い、Windowsアップデート適用前の状態に戻すことが出来ます。

コチラのページを参考にお試しください。

About the author

Pretium lorem primis senectus habitasse lectus donec ultricies tortor adipiscing fusce morbi volutpat pellentesque consectetur risus molestie curae malesuada. Dignissim lacus convallis massa mauris enim mattis magnis senectus montes mollis phasellus.