BitCometのタスクリストの復元方法

こちらでは、BitCometのタスクリストの復元方法についてご紹介します。以下の二部に分かれます。

  • タスクリストのバックアップファイルをエクスポートする
  • エクスポートしたバックアップファイルをインポートし、復元する

※ なお、タスクリストとは、BitComet中央部に表示されているダウンロード中及びアップロード中のファイルのリストのことです。(下図では一つですが、トレントファイルを追加していくと行が増えてゆきます。)

BitCometのタスクリスト

タスクリストのバックアップファイルをエクスポートする

※ こちらでご紹介する手順でエクスポートしたバックアップファイルを整理しておくと、いざ必要となった時に見つけ易くなります。

  • BitCometをショートカットなどから起動します。
BitCometのアイコン
  • 左上の「ファイル(F)」をクリックし、現れたリストから「タスクリストのインポートとエクスポート…」をクリックします。
BitCometのタスクリストをエクスポートする
  • エクスポートファイルを書き出すフォルダを選択するために、開いた画面右下にある「…」ボタンをクリックします。
BitCometのバックアップのエクスポート先を選択
  • フォルダを選ぶダイアログが開きます。今回はデスクトップに書き出してみます。ファイル名を日付などにします。(後日見返した時にわかりやすいものをオススメしています。)ファイル名を画面下部に入力し、すぐ右の「保存(S)」をクリックします。
エクスポートするBitCometのタスクリストにファイル名を付与
エクスポートするBitCometのタスクリストにファイル名を付与
  • 先程の画面に戻っています。最初はカラだった下段のテキストボックスに、選択したフォルダのパスが入力されています。(パスの右端の部分に、ファイル名が書かれています。)左下の「すべてのタスクをエクスポートする」を選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします。すぐに完了します。
BitCometのタスクリストファイルのエクスポートが完了
  • エクスポート完了のメッセージが表示されます。「OK」をクリックします。
BitCometがエクスポートに成功

エクスポートしたバックアップファイルをインポートし、復元する

エクスポート済みのバックアップファイルファイルをインポートすると、ダウンロードリストが復元されます。なお、バックアップファイルの拡張子は「.bc_bak」です。過去に書き出し済みのバックアップファイルをインポートします。

  • 左上の「ファイル(F)」をクリックし、現れたリストから「タスクリストのインポートとエクスポート…」をクリックします。
BitCometのタスクリストをエクスポートする
  • 画面上段右の「…」をクリックします。インポートするバックアップファイルを選択するダイアログが開きます。
BitCometにインポートするファイルを選択
  • 「.bc_bak」という拡張子のバックアップファイルを選択し、「開く(O)」をクリックします。
BitCometのタスクリストファイルを選択
BitCometのタスクリストファイルを選択
  • 先程の画面に戻っています。最初はカラだった上段に、インポートするバックアップファイルのパスが入力されています。バックアップ時の設定情報も反映させる場合は「BitCometの全般の設定もインポートする」にチェックを入れ、「インポート」をクリックします。
BitCometがタスクリストのインポートに成功
BitCometがタスクリストのインポートに成功

About the author

Pretium lorem primis senectus habitasse lectus donec ultricies tortor adipiscing fusce morbi volutpat pellentesque consectetur risus molestie curae malesuada. Dignissim lacus convallis massa mauris enim mattis magnis senectus montes mollis phasellus.