uTorrentでのマグネットリンクの使用方法

こちらでは、マグネットリンク及びトレントURLを用いたuTorrentでのトレントファイルの追加方法をご紹介します。

マグネットリンクをクリックすると、uTorrent Web (ブラウザ版)が開き、確認後ダウンロードが始まります。

一方、マグネットリンクやトレントファイルURLをuTorrent Web (ブラウザ版)やuTorrent (デスクトップ版)に追加し、ダウンロードをスタートする事もできます。それぞれのやり方をご紹介していきます。

マグネットリンクの探し方

マグネットリンクをGoogleなどで検索する

オープンソースソフトウェアのインストーラーなどには、マグネットリンクでも配布されるものがあります。「<ソフトウェアの名前> magnet link」などでGoogle検索します。下図のような文字列や、磁石アイコンの形でダウンロードページに表示されます。

マグネットリンクの例

マグネットリンクアイコンの例

ブラウザでマグネットリンクをクリックし、ファイルをダウンロードする

・マグネットリンクをクリックします。

※ マグネットリンクには、安全でないものも存在するようです。安全性の確認がとれた場合のみ、クリックするようにしてください。

ブラウザの種類にもよりますが、uTorrent Web (ブラウザ版)を開くかどうか確認するメッセージボックスが表示されます。開く選択をします。

uTorrentのマグネットリンク確認ダイアログ

uTorrent Web (ブラウザ版)の画面が開き、トレントの追加を確認できます。安全なファイルだと確認できた場合は、追加をクリックします。

マグネットリンクでのダウンロードをuTorrentで確認

ダウンロードが開始されます。

uTorrent Webでダウンロード中

マグネットリンク及びトレントURLを入力し、ファイルをダウンロードする

まずは、トレントURLを入手します。マグネットリンク及びトレントURLの取得までの手順は、ブラウザ版とデスクトップ版では共通です。入手の手順を解説した後、ブラウザ版とデスクトップ版とに分けてご紹介していきます。

・ファイル配布サイトなどでリンクを取得します。こちらの例では、LibreOfficeをダウンロードします、マイクロソフトオフィスの無料代替ソフトです。

LibreOfficeのトレントファイル(uTorrent向け)

・ブラウザの機能などを用い、トレントファイルのURLをクリップボードにコピーします。

トレントファイルのURLをコピー

uTorrent Web (ブラウザ版)でマグネットリンクを用いたダウンロードを行う

・インストール時に作成したショートカットなどから、uTorrent Webを開きます。「トレントを追加する」をクリックします。

uTorrent Webに貼り付けていきます

クリップボードにコピーしておいたリンクを貼り付けます。その後、「トレントを追加」をクリックします。

uTorrent WebにトレントURLを貼り付け

トレントが追加されます。シーダが居るファイルである場合、ダウンロードが開始されます。

uTorrent Webでダウンロード中

続いては、デスクトップ版での手順をご紹介します。トレントURLやマグネットリンクを前項目の手順で入手後のステップをご紹介していきます。

uTorrent (デスクトップ版)でマグネットリンクを用いたダウンロードを行う

デスクトップ版の左上の「ファイル(F)」をクリックし、「指定URLからトレントを追加(U)…」をクリックします。

URLやマグネットリンクでトレントを追加する

続いて現れるURL入力ボックスにコピペし、「OK」をクリックします。

uTorrentにマグネットリンクを貼り付け

トレントの追加を確認できます。ダウンロード先を確認し、「トレント開始(S)」をチェックした上で、「OK」をクリックします。

uTorrentでのダウンロードを開始

ダウンロードが開始されます。数秒で完了する場合もあります。なお、ダウンロードが完了するとシードが開始されるため、アップロードがはじまります。画面右部上段がアップロード、下段がダウンロードの状態を表示します。

uTorrentでのアップロード(シード)及びダウンロード(リーチ)

この機能を使うことで、トレントファイルをダウンロードしなくてもファイルのダウンロードを開始できます。

About the author

Pretium lorem primis senectus habitasse lectus donec ultricies tortor adipiscing fusce morbi volutpat pellentesque consectetur risus molestie curae malesuada. Dignissim lacus convallis massa mauris enim mattis magnis senectus montes mollis phasellus.